大平悦子さんは岩手県遠野市青笹町に生まれました。実家が農家だったこともあり、大学入学で上京するまで、お父さんお母さんお婆さん そしてお婆さんのいとこのハナ婆さんや兄弟たちに囲まれて育ちました。 昔話の語りにふれることはなかったのですが、遠野物語の 原風景のなかで子ども時代を過ごしたと言っていいでしょう。 大学を卒業後、小学校で教えるあいだに、遠野の言葉で子どもたちに 語るようになりました。 現在は、退職してふるさと遠野と川崎で暮らすかたわら、川崎の日本民家園をはじめ 全国各地で語りの活動を展開しています。
撮影は 石井政一さんです

語りは、mp4 の形式で録画されています。 コンピュータによっては、ダウンロードが必要になりますが、二次使用をなさる場合には、 かならず東アジア民話データベース作成委員会事務局にお問い合わせください。 語り手と記録者の著作権を尊重してくださるよう、お願いいたします。