沖縄伝承話データベース

宮古島のキジムナーとマズムヌの語り

伊良部島を含む宮古島文化圏の語りには、キジムナ―の姿が見られません。かわって登場するのがマズムヌの語りです。 マズムヌは、マジムン(魔物・妖怪)のことで、キジムナ―のように大木に棲むことはなく、なかには墓を棲家とし、幽霊のようにさまよい歩く「ユーラマズムヌ」もいます。 しかし、漁の盛んな宮古では、マズムヌがキジムナ―のように人と一緒に漁にでかけることが少なくありません。 宮古島をはさんだ沖縄本島と八重山諸島では、キジムナ―話が聞かれるのに、宮古島にはキジムナ―がいないのがふしぎな気がします。

語りは、mp3 の形式で録音されています。
コンピュータによっては、ダウンロードが必要になりますが、二次使用をなさる場合には、かならず沖縄伝承話データベース作成委員会事務局にお問い合わせください。
詳しくは、沖縄伝承話データベース作成委員会のページの「利用規定」を参照してください。
語り手と記録者の著作権を尊重してくださるよう、お願いいたします。