沖縄伝承話データベース

石垣島のキジムナー・マージャ―・シチマジムヌ

石垣島のキジムナーとマージャ―とシチマジムヌの語りです。
石垣島では、キジムナーを「マージャ―」とか「シチマジムヌ」と呼ぶことがあります。
沖縄では、人前に姿を現して不思議な力を発揮する小さな妖怪を「キジムナー」と呼ぶことが多いのですが、
その名称は、地域によってさまざまで、性格も少し異なることがあります。
マージャ―やシチマズヌムは、きっと石垣島に暮らす、昔からの妖怪の名前なのではないでしょうか。
とくにマージャ―は、沖縄本島のキジムナーと同じく、人間と一緒に漁に行き、大漁をもたらしたり、魚の片目だけを食べたりします。
人を惑わしてあちこち連れまわし、クシャミや屁を嫌います。
シチマズヌムは、数が少ないのですが、北谷や勝連のシチマズヌムの語りと比べてみても、キジムナーやマージャ―のような日常生活を通しての人間との交渉は薄く、禍をもたらす魔物としての性格が強いように思われます。
この性格は、宮古島一帯の「マズヌム」の語りとも共通しているのではないでしょうか。


語りは、mp3 の形式で録音されています。
コンピュータによっては、ダウンロードが必要になりますが、二次使用をなさる場合には、かならず沖縄伝承話データベース作成委員会事務局にお問い合わせください。
詳しくは、沖縄伝承話データベース作成委員会のページの「利用規定」を参照してください。
語り手と記録者の著作権を尊重してくださるよう、お願いいたします。